緊急避妊薬アイピル

アイピルとは、Piramal Healthcare社が開発した、緊急避妊ピル、事後ピル、アフターピルなどの名称でも呼ばれているジェネリック緊急避妊薬です。モーニングアフターピルとも呼ばれていて、コンドームが破れる等の避妊の失敗した場合や、望まない性行により妊娠の不安がある場合等、計画外の妊娠を防ぎます。先発薬のノルレボは、WHO(世界保健機構)の必須薬に指定されており、国際標準の緊急避妊方法とされています。

アイピルと低用量ピルとの違いは、アイピルが性行の後に飲んで避妊する薬であるのに対し、低用量ピルは毎日決められた用量の薬を飲んで妊娠を防ぐ薬です。アイピル
緊急避妊薬と言われるように、妊娠を望まないのに妊娠してしまう可能性がある時に使われます。要するに避妊具を使わずに膣内で射精してしまったり、避妊具が破れてしまった場合に使用します。

性行為後から服用までの時間が短ければ短いほど避妊率が高くなります。 避妊成功率は下記の通りです。24時間以内の服用は、95%以上。72時間以内の服用は75%以上の成功率と言われています。

アイピルの主成分はレボノルゲストレルで、女性ホルモンを制御することで妊娠をコントロールすることができ、排卵が起こる直前にはホルモンが大量分泌される(LHサージ)ため、プロゲステロン薬を投薬することでLHサージが抑えられ排卵時期を遅らせることができます。レボノルゲストレルは、排卵を抑えることで受精を避け、更に受精卵の着床を阻害する働きや、受精阻害作用があり、妊娠を避けることができるといわれています。

アイピルの副作用として、主に吐き気・頭痛・胸の張り・不正出血が見られます。などの副作用が出るケースがあると言われています。

これは一時的にホルモンバランスが崩れて起こる現象なので、服用後1~2日に現れます。服用の回数は1回のみとなっているので、こういった症状が続くことはありません。
ただし、ピルの種類の中では強く副作用が出るので、身体の負担なども考えると常用することは控えるようにして下さい。

強い吐き気からアイピル(i-pill)を吐いてしまった場合、服用から3時間経って入れば胃で消化されているため、再度飲む必要はありません。
もしそれより早い段階で吐いてしまった場合は、1錠を水かぬるま湯で再度飲んでください。吐き気を防ぐ方法としては、空腹時の服用は避け、食後に飲むのがおすすめです。

自身の健康問題をすぐに解決する方法↓

レビトラは2004年に日本で認可された世界で二番目ED治療薬。最初のバイアグラと最大な違うところは食事の影響を受けにくいということです。