アイピルの副作用

アイピルとは緊急避妊薬で「モーニングアフターピル」とも呼ばれています。

緊急避妊ピル・i-Pill(アイピル)1.5mgは、望まない妊娠を回避するための避妊薬ですが、これを知っていると知らないとでは「人生が大きく変わる」と言ってもいいんじゃないかなと思います。

多量の女性ホルモンを一度に摂取することになりますので体に負担がかかり、副作用が起きる可能性があります。

どんな薬にも副作用と言うものが存在します。それは、緊急時の避妊薬として使用するアイビ ノレにも、もちろん存在します。

アイビルには、体内のホルモンを変化させ子宮内膜をはがす事で、避妊効果を得る事ができる ものになっています。その為、ホルモンの変化によって体が反応し結果、副作用として様々な 症状が現れてくると言う事になります。

副作用として報告されている症状には、不正出血、頭痛、下腹部痛、傾眠、悪心などがあります。吐き気を抑えるために、食後に服用するのが望ましいとされています。

これらの副作用は、服用後1、2日程経てば通常収まりますが、ひどくなったり、なかなか治らない場合は医師または薬剤師に相談してください。

また、アフターピル服用後には、消退出血とよばれる出血が起こることがあります。この出血は服用後2日~3週間の間に起きますが、ピルの効果による出血なので問題ありません。

しかし服用後すぐ出血した場合などは、不正出血の可能性もありますので次の生理まで様子を見るようにしてください。

アイピル服用による副作用:不正出血
アイビルの副作用として不正出血が起こる事も少なくありません。不正出血と間くと危険な副 作用ではないかと心配になるかと知れませんが、多くの場合アイピノ⑷副作用として起こる不 正出血は危険なものではなく、アイピルの効果によるものであるため心配は必要ありません。 不正出血には個人差があり服用後2、3日で起こる人もいれば、3週間ほど経って起こる人もい ます。その為、不正出血があったからと言ってすぐに危険性があると慌てることなく、少し様 子を見てから判断する事が必要です。

アイピルを飲んではいけない人
以下の人はアイピルを飲んではいけません。重篤な副作用が出る可能性があります。

以前にノルレボ系の薬で薬疹やアレルギーが出たことがある人
重い肝機能障害がある人
妊娠している人
授乳中の人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です