アイピルを服用する際、注意すべきなことはなんでしょうか?

アイピルとは
アイピルとは、今の人気がある緊急避妊薬ピルです。アイピルの主成分レボノルゲストレルは、排卵を抑制したり、受精卵の着床を妨げたりすることができます。決められた時間内にアイピルを服用すると、緊急な状況で望まない妊娠を避ける効果を実現できます。Piramal Healthcare社によって開発されたノルレボのジェネリック医薬品で、安価で購入できます。また、従来のアフターピルと比較すると、比較的副作用が少ないと言われていますが、多くの女性に常備薬とされています。

アイピルの服用
アイピルの服用なら、性行為後、72時間以内に1錠、水またはぬるま湯で服用します。アイピルは緊急避妊薬として避妊効果は服用の時間に密接な関係があります。臨床実験の結果によって、一般的に24時間以内に服用した場合、95%の高い避妊率を得ることができます。72時間以内であれば、避妊率は75%に達すると言われています。

アイピルの服用注意
アイピルを服用する際、いくつかの注意事項があります。まず、アイピルの避妊効果は服用時間に密接な関係があり、72時間以降で服用したら、避妊効果が保証されることができませんから、注意してください。また、アイピルは緊急避妊薬として、低用量ピルと違って、体に大きい負担をかけることができますから、毎日の服用は禁止です。更に高い避妊効果を追求するために、過量に服用する場合、ひどい副作用を引き起こすリスクがあります。他には、ほかの薬を服用している方、肝障害のある人、心疾患・腎疾患また既往歴のある方はアイピルを服用する前に必ず医師に相談してください。