避妊薬の正しい知識

避妊薬は、女性が自分でできる最も確実な避妊法

避妊薬は、排卵を抑えることにより避妊する薬品。女性がこれを毎日使用することで、排卵を起こさないようにする作用があります。

指示に従って正解に使用すれば、基本的100パセントの避妊率が期待でき、しかも使用をやめれば再び妊娠できるようになることから、女性が自らの手で完全に控えできる避妊対策と言うことができます。

自身状況によっては服用できない人もいます

避妊薬には卵胞ホルモン、黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが含有されています。これらが脳下垂体に作用して卵胞の成熟が抑えられ、結果として排卵が起こらなくなるのです。

【避妊薬の効果】

排卵を抑制する。

子宮内膜を、受精卵が着床しにくい状態に変化させる。

精子が子宮内に侵入しにくい状態にする。

避妊薬は、医師の処方せんなしに使用することはできません。

また、体質等により飲める人と飲めない人、慎重に使用しなければならない人がいます。使用を考えたら、必ずご相談下さい。

避妊薬を使用してはいけない人

以前に使用し、過敏症を起こしたことのある人

35歳以上で、1日15本以上の喫煙者

妊婦、または妊娠している可能性のある人

思春期前の人

 

避妊薬を慎重に使用しなければならない人

40歳以上の人

乳ガンの家族歴のある人、または乳房にしこりのある人

喫煙者

肥満の人

血栓症の家族歴のある人

軽度の高血圧のある人

糖尿病またはその疑いのある人

肝障害のある人

心臓の病気、腎臓の病気にかかっている人、またはかかったことのある人

てんかんのある人

医師の治療を受けている人