避妊薬

避妊薬はだいたい低用量ピルと事後ピルという二種類があります。市販で販売している避妊薬をご存知ですか?避妊薬を購入する前に避妊薬の効果や副作用などを了解したほうがいいと思います。これから、市販で人気がある避妊薬をご紹介しております。

トリキュラーはバイエル社が製造販売される低用量避妊ピルの一つです。これは、身体にあまり負担をかけない方法で避妊することが可能です。トリキュラーの有効成分は、エチニルエストラジオール・レボノルゲストレルとなっています。排卵を抑制する作用、精子が子宮に入りにくくなる作用、受精卵の着床を防ぐ作用、これら3つの作用により妊娠を防ぎます。

トリキュラーは避妊効果以外にも、月経痛・貧血・月経不順の改善、子宮がん・子宮内膜症・更年期障害の予防、更にニキビや多毛の改善も期待出来ます。

アイピル(アフターピル)とは、シプラ社によって開発された今の大人気女性用アフターピルです。ノルレボのジェネリック医薬品です。アイピルの有効成分はレボノルゲストレルで、排卵を抑制したり、受精卵の着床を阻害したりすることで、望ましくない妊娠を回避する効果に達します。

通常、コンドームが破れたり、途中で脱落したりすることで避妊の失敗になってしまう場合、更に犯罪にもたらされる妊娠可能などの緊急状況でアイピルをよく使っています。それで、アイピルは安全避妊の最後の手段ともされています。

それでも、アイピルの避妊率は100%ではなく、アイピルの避妊効果は服用時間に密接な関係があります。一般的に性行為後で24時間以内で服用したら、避妊率は95%に至ることができると報告されています。この時間帯を超えたら、避妊率はだんだん低くなってしまいますから、注意してください。

以上は二つの種類を解説しました。業界で人気がある避妊薬です。評価も高い商品です。もし、避妊で悩んでいる方はこちらでご利用ください。